新聞記者というレガシー/その2

今週の書物/
『新聞記者という仕事』
柴田鉄治著、集英社新書、2003年刊

パソコン

この夏に死去した柴田鉄治という先輩記者の本を今週も。改めて著者の人物像をなぞっておくと、もともとは社会部記者であり、科学報道にも携わった人。記者として〈現場主義〉に徹し、〈情報公開〉の社会を追い求める戦後民主主義の子でもあった。

先週の拙稿で、私には書き残したことがある。本書冒頭の記述についてだ。著者は、新聞を「産業としての新聞」と「ジャーナリズムとしての新聞」に切り分け、いま日本では後者が「戦後最大の危機に直面している」と断じた。この切り分け方に私は「2020年の視点に立つと楽観的に過ぎる」とかみつき、理由は「後で論じる」としていたのだ(当欄2020年9月11日付「新聞記者というレガシー/その1」)。今回は、この話から始めよう。

もとより、私のこの批判はフェアではない。著者が新聞の二つの側面を分けて考えたのは、あくまでも刊行年、すなわち2003年のことだからだ。あのころはまだ、新聞の宅配が電気、ガス、水道などと同列にみなされていた。だから私自身も、同様の切り分け方をしていた。曲がり角は2010年ごろではなかったか。以来、「産業としての新聞」が苦境に立たされ、「ジャーナリズムとしての新聞」を切り離して論じることが難しくなった。

著者も最晩年は「産業としての新聞」に危機感を抱いていたのかもしれない。ただ、息を引きとるその瞬間まで、1家庭に1紙は新聞をとるという固定観念から脱することはなかったように思う。その意味では、古き良き記者人生を生き抜いたのである。

もちろん、この本で繰り広げられる「ジャーナリズムとしての新聞」論も、新聞以外のメディアを強く意識している。ただ、競争相手として描かれるのは、もっぱらテレビ。著者の若手記者時代がテレビの台頭期に重なっていたからだろう。著者が、その強みとして一目置くのは「映像の威力とリアルタイム(即時性、同時性)」。1972年にあった浅間山荘事件の現場中継を境にテレビがマスメディアの「王座に座った」という見方も披歴している。

テレビとの確執をめぐる話では、記者クラブ問題が詳述されている。省庁には、メディア各社の記者が張りついていて記者クラブという緩い集団をかたちづくっている。クラブ員は内輪の取り決めを結んでおり、記者発表をどの時点から紙面や電波に載せてよい、というような「しばり」に従う。このとき、「解禁時刻がほとんど『テレビは夕方から、新聞は朝刊から』となっていることも新聞にとっては大問題」と、著者は嘆いている。

著者が社会部長時代にはこんなこともあったらしい。記者クラブの発表案件には、「叙勲・褒章」や「歌会始の入選者」のように事前に資料が配られるが、公表日まで紙面化やニュース化を控えるものがある。その解禁時刻の設定を、新聞は公表当日の朝刊から、テレビは前日の夕方から、とするか、それとも、新聞は当日朝刊から、テレビも当日朝からとするか――。半日の時間差をめぐって新旧両メディアが角突き合わせたというのである。

2020年の今からみると、この半日の争いは空しい。今は多くの人々がソーシャルメディアを手にしたから、記者クラブが報道の日時を仕切ることそのものが難しくなった。記者クラブに属さない人の発信がマスメディアを出し抜くこともできるのだ。

マスメディアが負けそうなのは、速報性だけではない。迫真性についても言える。つい最近、台風10号が九州付近を通り過ぎたときもそうだった。このとき、現地の人々が刻々ネットにあげる書き込みに目を通していると、テレビのニュースを見ているときとはまったく異なる臨場感があった。そこから感じとれるのは、暴風雨に窓を叩きつけられている人たちの悲鳴だ。静かなスタジオで台風の威力や進路を解説するのとは違う情報発信である。

ただ、ソーシャルメディアには落とし穴がある。聞きつけた話をすぐ拡散することには早とちりの危険が付きまとう。その場からの発信は局所の事実を伝えてくれるが、事態の全体像を俯瞰できない。これは私の見方だが、こうしたソーシャルメディアの欠点を見極めることが、マスメディアの活路を見いだすことにつながるように思える。大局的にものを見て信頼度の高い情報を選びだす――その手助けをするメディアは今も必要なのである。

この本の話に戻ろう。刊行年のころは、報道は正義の味方という通念が崩れだしたころだった。新聞記者は、かつて巨悪を暴く善玉のイメージだったが、それが一転、善良な市民を苛む悪玉として嫌われる場面がふえてきた。「メディア・スクラム(集団的過熱取材)」などで「当事者や関係者が多大の苦痛を被る」と指弾されたのだ。著者は過熱取材の非を認めつつも、政府が「メディア規制を行う方向を打ち出した」ことには警戒感を示している。

2000年代初め、「メディア規制法案」と一括りされる個人情報保護法案と人権擁護法案が国会に提出され、議論になっていた。新聞界には両法案に対する批判が強かったが、前者は2003年、この本の刊行直前に成立する。そして今、個人情報は侵すべからざるものという意識が世の中に浸透した。先週の当欄にも書いたが、それが不正事件を暴く取材活動の足かせとなり、著者が希求する〈情報公開〉社会の実現を難しくしている。

では、メディア批判の強まりに記者はどう対処したらよいのか。その問いに対する答えも、この本にはある。「権力との闘いに萎縮してしまったら、新聞に未来はない」という言葉だ。ここで「新聞」は、間口を広げてジャーナリズムと言い換えてもよいだろう。

著者は、三つの例を挙げている。「自ら精神病患者を装って」精神科病院に入り、潜入ルポルタージュを連載記事にした記者。アバルトヘイト時代の南アフリカに「身分を隠して」入り、その実態を伝えた記者。「一労働者として自動車工場にもぐりこみ」、労働現場の実情をノンフィクション作品にまとめたフリーの書き手。これらの取材に対しては、高い評価がある一方、倫理面の批判がつきまとうが、著者は「目的は手段を浄化する」と言い切る。

今は、コンプライアンス(規範遵守)の世の中だ。「目的は手段を…」のひとことに抵抗感を覚える人は多い。2020年の今、現役の記者たちの大勢もそうだろう。だが、著者は違った。そこには戦後民主主義の子としての新聞記者の論理がある。

この点では、私も著者を支持する。個人情報のことなら、こう考えてはどうか。人はだれも、公人と私人の両面を併せもっている。私人の個人情報は厳しく守らなくてはならないが、公人の個人情報は開示すべき場面もある。どこまでが私で、どこからが公なのか。この見極めは、そのつど考えなくてはならない。万能のマニュアルなどないのだ――。「目的は手段を…」という突き放したもの言いは、そんな柔軟思考の一つの表現ではないのか。

著者が現役のころ、記者は何をどこまでどう取材すべきかをその場その場で考えていたように思う。ところが今、記者もマニュアルに縛られている(「本読み by chance」2019年4月26日付「記者にマニュアルは似合わない」)。この本で改めてその現実を痛感する。
(執筆撮影・尾関章)
=2020年9月18日公開、同日更新、通算540回
■引用はことわりがない限り、冒頭に掲げた書物からのものです。
■時制や人物の年齢、肩書などは公開時点のものとします。
■公開後の更新は最小限にとどめます。

次の悩みは字体です

ブログ新装開店で、次なる悩みは字体。私は自身の好みもあって、「本読み by chance」ではPC版で明朝体を用いてきました。ただ、これも、段落冒頭の1字下げ同様、今風ではないみたいですね。

ここでは、一つ、実験。さきほどの投稿の第1段落をいくつかの字体で流して、比較考察してみることにします(スマホ版では、これらすべてが同じ字体になることがあります)。


きのう、半日かけて悪戦苦闘したのは、どうしたら文章の段落冒頭で1字下げることができるかということ(横書きなので「1字アケる」というほうが正しいかもしれませんが)。私の世代の新聞記者は、原稿を鉛筆書きしていたころ、行を改めるたびに1字下げの記号を書き込んでいましたから、下げないと気分が落ち着かないのです。

きのう、半日かけて悪戦苦闘したのは、どうしたら文章の段落冒頭で1字下げることができるかということ(横書きなので「1字アケる」というほうが正しいかもしれませんが)。私の世代の新聞記者は、原稿を鉛筆書きしていたころ、行を改めるたびに1字下げの記号を書き込んでいましたから、下げないと気分が落ち着かないのです。

きのう、半日かけて悪戦苦闘したのは、どうしたら文章の段落冒頭で1字下げることができるかということ(横書きなので「1字アケる」というほうが正しいかもしれませんが)。私の世代の新聞記者は、原稿を鉛筆書きしていたころ、行を改めるたびに1字下げの記号を書き込んでいましたから、下げないと気分が落ち着かないのです。

きのう、半日かけて悪戦苦闘したのは、どうしたら文章の段落冒頭で1字下げることができるかということ(横書きなので「1字アケる」というほうが正しいかもしれませんが)。私の世代の新聞記者は、原稿を鉛筆書きしていたころ、行を改めるたびに1字下げの記号を書き込んでいましたから、下げないと気分が落ち着かないのです。

きのう、半日かけて悪戦苦闘したのは、どうしたら文章の段落冒頭で1字下げることができるかということ(横書きなので「1字アケる」というほうが正しいかもしれませんが)。私の世代の新聞記者は、原稿を鉛筆書きしていたころ、行を改めるたびに1字下げの記号を書き込んでいましたから、下げないと気分が落ち着かないのです。

きのう、半日かけて悪戦苦闘したのは、どうしたら文章の段落冒頭で1字下げることができるかということ(横書きなので「1字アケる」というほうが正しいかもしれませんが)。私の世代の新聞記者は、原稿を鉛筆書きしていたころ、行を改めるたびに1字下げの記号を書き込んでいましたから、下げないと気分が落ち着かないのです。

いろいろ、悩むことがありまして……

段落のはじまり

きのう、半日かけて悪戦苦闘したのは、どうしたら文章の段落冒頭で1字下げることができるかということ(横書きなので「1字アケる」というほうが正しいかもしれませんが)。私の世代の新聞記者は、原稿を鉛筆書きしていたころ、行を改めるたびに1字下げの記号を書き込んでいましたから、下げないと気分が落ち着かないのです。

ところが、最近のネット文化ではこの風習がなくなった。ブログなどでは段落の間に1行分の空白を挟むことが多いので、改行1行目の行頭にアキを入れるのは屋上屋を重ねるに等しい、ということでしょうか。さらに言えば、1字下げは縦書き文化の産物であって、横書きには似合わない、ということもあるように思います。

で、WordPressの標準コースで投稿欄を設計してみると、どうしても1字下げできない。原稿を1字アケ方式で書いても、あるいは1字アケ方式で打ち込んだ下書き原稿を貼り付けてみても、エディター機能が勝手にアキを外してしまうことがわかったのです。当方からみれば、「余計なお節介」ですよね。

結局、私はネットに書き込まれた先達たちの体験談を読み漁って、ようやく解決策をゲットしました。昨日の日付で載っている投稿は、その成果です。

ただ、一夜明けてみると、別の考えも頭に浮かんできたのです。画面上の文字列を眺めていると、行頭のアキがないほうがすっきりしていて美しいように感じる。画面が狭いスマホでは、その印象がいっそう強まります。

とりあえず、今回は1字アキなしでアップしてみます。現時点、どっちにするかは未定。しばらく、考えてみようかと思っています。

2020年3月
尾関章

建設現場をご覧ください

建設途上

 当欄は、4月中の新装開店をめざして、建設工事の真っ最中。

 題名も、デザインも、メニュー内の掲載内容も、すべて(仮)ですが、その途中経過を公開することにしました。

 【テスト】の投稿群をご覧になってわかる通り、文章を長くしたり短くしたり、画像を縦に置いたり横にしたり、さまざまなシミュレーションをして本格開業に備えています。

 なお、新しいブログのurlは、このサイトのもの(https://ozekibook.com/)と同一です。

 これからもどうか、おつきあいをよろしく。

2020年3月
尾関章